ゴールドコーストが近くなる!

オーストラリアの格安航空会社「ジェットスター航空」がいよいよ成田に就航しました。
このジェットスター。カンタス航空の100%子会社で、食事や毛布などの機内サービスを選択・別料金にしたり、客室乗務員が機内清掃をするなどのコスト減の他、成田での駐機時間を短くしたり座席間隔を狭めて座席数を増やすなどの効率化もしているらしいんです。

料金は成田−ゴールドコースト線で60,000円〜。燃油サーチャージが別途30,000円前後しますが、たまに広告で8,000円!!なんてのも。
来年から燃油サーチャージがもっと下がると思うので、円高もあるしオーストラリアがまた行きやすくなった感があります。

そしてサーファーにとっての最大の魅力は・・・
今までのカンタスやJALの場合、ブリスベンから1時間以上かけて移動しなきゃならなくて、これが結構面倒だったのですが、ジェットスター航空のゴールドコースト行きは、サーファーズパラダイスのすぐ近くのクーランガッタの空港なんです。
サーファーズに宿泊してDバーやスナッパーに行く時に右側に見えるあの空港。
ここが使えたら便利なのにと昔は思っていましたが、本当に直行便が飛ぶようになるとは・・・。
便利な世の中になったもんです。

次にゴールドコーストに行く時はきっとジェットスター航空使うだろうなと。
あと気になるのはボードのチャージですね。

Banner2ジェットスターいいねぇと思ったらぜひクリックを!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクアライン初体験!!

翌朝はあいにくの雨。波もなさそうなので目覚めにひとっ風呂浴びて、朝食をいただきチェックアウトです。
日向ちゃんとスタッフの皆さんに見送られ、また来ます〜!!ってことで宿を後にしました。

Img_8662_2雨はやむ気配もないので、とりあえず白浜、平砂浦と房総フラワーラインをドライブ。菜の花の時期が終わってしまったのが残念ですが、そのままくちばしの最先端「洲埼灯台」に行きました。

おばあちゃんが縁側で待ち受けていた民家の庭先の駐車場が200円。きっとおばあちゃんのおこづかいになるんでしょうね。
そこから階段を上ると、白い灯台が・・・でも小さい・・・。
犬吠埼灯台のような大きい施設を想像していたので、なんともこじんまりとした姿は愛嬌がありますが、海上交通の要所である東京湾の入口を見渡し、今も元気に稼働しているとのこと。内部の見学はできませんでした。

ここからの景色は遠くに伊豆半島も望め、天気がよければ富士山も眺められる絶景ということですが、いかんせん雨だったもので・・・。
それでもさすがにくちばしの先端だけあってパノラマのように海が広がり、なかなか雄大な景色でした。
次は晴れた日に来たいものです。

その後は館山の市街地を通り抜け、富浦の道の駅「枇杷倶楽部」によりました。
ここは2000年に全国道の駅グランプリで最優秀賞を受賞した施設で、特産品の枇杷を使った様々な商品や、海の幸を扱った土産店も隣接していて、ここでお土産を物色。みそ汁に入れると美味しい地のりを買いましたが、干物も旨そうだったなぁ。

Img_8670 今回は岡山のお母上を東京駅まで送るので、アクアラインを通るルートに初チャレンジ。
神奈川方面のサーファーにはアクアラインなんて波乗りに行く時にいつも使う道なんでしょうが、実はわたくし、まだ一度も通ったことがなく、海ほたるも未体験なのです。なので高速を走り海の上を走るその先に海ほたるが現れてきた時はちょっと感激。あんな巨大な人工物を海上に作るなんて・・・。
海ほたるに着く頃には雨も上がって晴れ間ものぞき気温も上昇。平日なので駐車場もすいていて展望デッキもガラガラ。レストランで昼食をとって、羽田に向かう飛行機を眺めながらのんびり。海風も心地よくて360度海を見渡せるのは気持ちいいですね。

Img_8676 ここからは東京駅まで渋滞もなく思っていた以上にスムーズに東京駅に着き、お母上を見送って今回の旅は終了となりました。

波のりも出来たしシーワールドもアクアラインも楽しめて満足。嫁ちゃんもお母上も楽しんでくれたので、大成功ですね。天気だけはどうにもならないけど、いつもと違った視点で南房総を楽しめました。


サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中◆波乗り系サイトはここからチェック!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬と一緒に泊まれる宿「しぶごえ千倉」

鴨川シーワールドを出たのは14時半頃。今回泊まる宿のチェックインは15時からなので、とりあえず宿のある千倉に向かって走ります。途中に見えるポイントを眺めながら走ると、白渚が良さそうな感じ。・・・波乗りしたい。

Img_8659 フラワーラインを抜けて千倉の漁港を通り過ぎて約5km。今回お世話になる「しぶごえ千倉」に到着しました。
ここはネットで調べて見つけたのですが「愛犬と楽しむ宿」と言うことで、犬をかなりフリーにさせてくれてとても口コミの評判が良かったので今回予約しました。

海の目の前に建つ白い建物の周りには南国のような大きな木がそびえていて、駐車場の横にはドッグランとドーム型の露天風呂。玄関で迎えてくれたのはここの看板犬の日向ちゃん。Img_8657 うちのびんたんもスタッフの皆さんに暖かく迎えてもらいます。こじんまりとした建物の1階は食事をするレストランと貸し切りのお風呂があって、お部屋は2階に10室くらい。今回3人部屋を予約していたのですが、ご好意で海の見える4人部屋にチェックインさせてもらいました。室内にはペットシーツやケージなど犬に必要なグッズも万全に備えてあり、人も犬も快適に過ごせそうです。日曜日というのにほぼ満室のようで、人気があるんですね。

さて時間もないのですぐにひとり海に向かいます。食事の時間が決まっているので一番近い千倉のメインポイントへ行きました。波はコシ〜ムネくらいのオンショアでジャンクなコンディション。でも人も少なく乗れる波もありそうなので、鴨川に来ていたYOSHIRUと合流して、約15年ぶりに千倉でサーフィンです。それにしてもさすがに南は暖かい。ノーブーツで全然OK!! まわりは3mmフルの人もいて、水温が高くて気持ちいいですねぇ。千葉北とは雰囲気も違ってメローな感じが心地いいんです。でも海の中は海藻が多くて・・・。ワカメにまみれながらサンセットタイムの波のりを楽しむことが出来ました。

夕食30分前には宿に戻れたので、ウエットを洗ってすぐに露天風呂に浸かります。ドーム型の屋根が付いているんですが、天気が悪かったせいかこの日は屋根は閉まったまま。でも海からの風を感じつつだれもいない温泉にひとり浸かれるなんて贅沢なこと。身体の芯まで温まったところでお楽しみの生ビールTimeです。

Img_8649 食事はレストランスペースでいただくのですが、ここも犬と一緒でOK。今回びんたん用の食事も頼んでおいたので、一緒に食べさせていただきます。それにしても他のワンちゃん達のお行儀のいいこと。吠える犬なんてうちのびんたんくらいで、みんないい子にしているので驚きでした。

お料理は地元の新鮮な野菜と海の幸を使った創作和食。前菜からひとつひとつ丁寧に盛りつけられ、味も見た目も上品でおいしくいただきました。量が少ないかと思ったのですが、タケノコご飯もおいしくてオカワリしたらかなり満腹。デザートまでしっかり完食です。今回結婚6周年ということを予約時に伝えていたら、特別なケーキのプレゼントまでしていただきました。ちゃんとびんたんの分も作っていてくれて感激!! ありがとうございました。

Uni_0115_2 Uni_0120_2 Uni_0121_2 Uni_0122_2 Uni_0123_2

食事の後は、たまたまプロのカメラマンさんが無料で撮影をしてくれるイベントがあったのでお願いすることに。でも撮影は無料でも気に入った写真は買わなきゃいけないので結局は有料!? 値段もそこそこ高かったので、普段なかなか撮れない3ショットの写真を1枚だけ購入させていただきました。1枚くらい記念にプレゼントしてくれ〜って感じですが、写真の出来上がりは楽しみです。

Uni_0129_2 テレビ東京の「ペット大集合! ポチたま」でおなじみの
松本くんとだいすけ君もお泊まりしたそうですよ!!

※画像はすべてクリックすると拡大します。

down犬と一緒に旅をするサーファーの皆様・オススメのお宿です

Head

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ◆南房総の旅・次回最終回!!おひとつクリックいただけると感謝です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋経由→千葉行き

前日までの雨が嘘のような青空と蒸し暑い朝。岡山を旅立つこの日は少し早く起き、お墓参りをしてから出発です。お母さんとお婆ちゃんに挨拶を済ませて一路高速へ。来た時と同じ玉島インターから山陽道を東に走ります。
0709171まず最初に立ち寄ったのは三木サービスエリア。ここにはドッグランがあると言うことで愛犬びんたんのストレス解消のために立ち寄ります。SAの敷地内にフェンスで囲われ芝生がきれいなスペースをノーリードで遊ばせられると言うことで、すでに何匹かの犬が遊んでいました。びんたんはどちらかと言うと犬より人間が好き。犬見知りをするのでドッグランでもあまり他の犬と戯れることはなく、この日も松ぼっくりを投げては拾ってきて存分に走り回って気持良さそうでした。水やゴミ箱もあるしとてもキレイに整備されていて気持のいいドッグランを楽しめました。

0709172その後も1〜2時間おきに休憩をしつつ16時頃に名古屋の妹家族の家に到着。ここで1泊させてもらいます。岡山からだとほぼ中間点なので、ドライブの疲れもほとんどなし。妹家族とは8月に会っているのですが、末娘のみるちゃんは犬とは初対面。怖がるかと思っていましたが、これが怖がるどころかびんたんと積極的に絡んで行き、びんたんも慣れない子供相手ながら楽しそうにじゃれあっていて一安心。腹も減ったところで食事に出かけました。
今回は私がリクエストさせていただき、向ったのは「世界の山ちゃん」。ここは名古屋を拠点にチェーン展開している手羽先をメインとした居酒屋さんで、名古屋市内には至る所にお店がある名古屋の名所です。以前仕事で名古屋に来た時にここで食事をして、コショウの効いた山ちゃんオリジナルの手羽先にすっかりはまってしまい、今回の旅の目的のひとつとしていた場所なのです。子供達と手羽先を取り合いつつ、他にも味噌カツやどて煮など名古屋名物をしこたまいただき、ビールを飲めばドライブの疲れもフッ飛ぶってもんですね。ちなみに山ちゃんは都内にもあると言うことです。

ビールのおかげでぐっすりと眠った翌朝は、旦那と子供達を見送ってから私達は出発です。末娘はすっかりびんたんを気に入ってしまったらしく、帰ろうとすると泣き出してしまい涙が止まりません。でも心を鬼にしてびんたんを車に乗せて出発。(その後末娘は姑くの間、泣き続けていたそうです・・・。)
東名阪から東名に乗り東へ。途中伊良湖で波乗りをする気持もあったのですが、早く家に帰りたくなり中止。35℃を超える暑さでバテてしまい、御殿場のアウトレットにも寄らずに一気に千葉まで帰ってきました。
総走行距離は1,700km。過去最長のロングドライブは無事に終了となりました。
73嬢のおかげで元気に出迎えてくれた猫達は相変わらずクールな眼でスリスリ。やっぱり我が家は落ち着くなぁ〜ってことで岡山旅日記は終了です。

◆ちょっと覗いてみてください
Banner2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

カブトガニ

晩から雨が断続的に降り、蒸し暑い朝。今日は近くの街でお祭りがあり地元のぶどうやお米の産直販売があるということで出かけてきました。雨だったのでのんびりできませんでしたが、ピーマンや茄子などの野菜は市価の半値以下。味噌も無添加のとてもおいしいものがあり、土産として購入してきました。

070916その後は広島との県境にある瀬戸内の街「笠岡市」へ。ここでまず腹ごしらえということで、地元で有名なラーメン店に立ち寄りました。神島につながる橋のたもとにあるこのラーメン店。とても小さく山小屋のような店構えですが、お客さんが次々と来店し、やはり人気店のようです。メニューはラーメンと餃子のみ。ラーメンは460円のびっくり価格で大盛りが600円です。スープは鶏ガラベースで黒く濃い醤油味。麺は手打ちのようです。色の通り濃いめの味ですが、不思議と後を引き、気がつけばスープまで完食。竹岡ラーメンに似た感じではありますが、千葉では味わえないおいしいラーメンでした。
その後神島を1周ドライブ。神社が多くちょうどお祭りをやっていたのですが、雨が強く瀬戸内の景色も楽しむことが出来ません。仕方なくそのままカブトガニ博物館へ行きます。生きた化石といわれるカブトガニの生息地として街全体で保護をしているようで、生きたカブトガニを初めてみてきました。見れば見るほどグロテスクなのですが、何億年もの間姿を変えず、現在ではアメリカ東部とアジアの一部でしか生息していない希少な生き物なだけに、大切にして欲しいと願うばかりです。
雨がひどく今回のドライブはこれにて終了。また改めて瀬戸内の美しい景観を観にきたいと思います。

◆地域別の波乗りブログを紹介しています!!
サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神社巡り

岡山初日の夜は、嫁さんのお母さん・おばあちゃん・弟と一緒に近所の焼き肉屋でビールで乾杯。この焼き肉屋さん、お肉屋さんが経営している和牛の専門店なんです。神戸の☆☆☆☆牛を使用していて、霜降り厚切りの肉が並びます。
これがメチャ旨!!
やわらかいし臭みはないし、厚切りでも箸で軽く切れるほど。口に入れればとろけるようにおいしさが広がっていきます。それでいて価格もお値打ち。うまい肉とビールで楽しい夜となりました。

0709151少し遅く起きた2日目の土曜日。お母さんと3人でまずは「最上稲荷」に向かいます。ここは京都の伏見・愛知の豊川と並ぶ、日本三大稲荷のひとつで、商売の神様として信仰されおり、岡山に来た時は必ず参拝に行く場所です。2年前に訪れた時はおみくじで「凶」がでてしまい、実際その年はいいことがなかったので今回はリベンジ。その結果は・・・「吉」がでてくれたので一歩前進。商売繁盛のお札を購入してきたのでした。

0709152次に訪れたのは「吉備津彦神社」。みなさんご存知の童話「桃太郎」の物語発祥の地と言われており、そのベースとなった「温羅伝説」という鬼退治の物語の主人公がこの吉備津彦命と言われています。物語の詳細はここでは書きませんが、「温羅伝説」から桃太郎への物語の進化は、なんとなく納得できる歴史的背景を感じてしまいました。

最後に「吉備津彦神社」のすぐちかくにある「吉備津神社」へ。名前が一文字違うだけのこの神社で有名なのが釜鳴神事(カマナリシンジ)。 先ほどの「温羅伝説」で吉備津彦命は鬼=温羅の首をはねたが、その首を地中深く埋めてもなお不気味にうなり声を発し続けたためその上に御釜殿を設けて祀るとようやくうなり声はおさまり、その後は釜を鳴らす音の大きさで吉凶を占う霊となったという話。現在でもその釜は日中焚き続けられていて神事も行われているようです。そんな訳でこれらの神社の周りには桃太郎にまつわる土産物も多く、歴史物語を身近に感じられる場所でした。

今日の岡山は36℃を超えて、蒸し蒸しとした真夏日。海に入りたいけど瀬戸内の海に波はなし・・・。ビールでクールダウンするしかなさそうです。

PS...うちに泊まって猫達の面倒を見てくれている73嬢、ありがとうね!!

◆ランキングに参加中、覗いてみて!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

12時間のロングドライブ

070914114日午前1時半に自宅を出発し、12時間のロングドライブの末、現在岡山にいます。
目的地が岡山ということで、波乗りではありません・・・今回は嫁さんの帰省にお伴した次第です。
普段なら飛行機か新幹線を利用しているのですが、今回愛犬びんたんを一緒に連れて行くということで、車での帰省になりました。


0709142ETCの深夜割引を使えば高速代が30%OFFで5,000円近く安くなるということで深夜の出発。首都高を抜け東名・名神・山陽道とのりつぎ、途中で休憩や仮眠をしながら750km。途中心配した渋滞もなく、比較的スムーズな流れの中でしたが、やっぱりこの距離はこたえますねぇ。特につらかったのが静岡。東西に長い静岡県だけあって、いつまで走っても静岡から脱出することが出来ず、とても愛知が遠く感じました。初めてとなる大阪以西は、とても近く感じたので、やっぱり静岡が鬼門です。
途中で1回給油をして、燃費は12.6km/l。普段が8km/l前後なので、かなりいい燃費で走れました。
これから3日間岡山で過ごしてから、帰りは妹家族が住む名古屋で1泊して、時間があれば伊良湖あたりで波乗りできればと・・・。疲れて無理かなぁ。とりあえずしばらくは田舎でのんびりしてきます。

◆クリックしていただけるとうれしい限り!!
人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)