« ZENITH STIX 7'0 クラッシック系ファンボード | トップページ | ウエットスーツはネックインの時代に »

これなら納得 ノンジップのドライスーツ

私、この冬ついにドライスーツデビューいたします・・・

今までのドライスーツって防水ジップを閉めるのが大変そうだし、ブカブカでカッコ悪いし、高くてコストパフォーマンス的にどうなの?って感じで、自分も着なけりゃオススメもしてこなかったのですが、ついに納得のドライスーツをBREAKER OUTさんが作ってくれました!
Img_0335
「FLAP DRY」。
首から着るノンジップタイプのドライスーツです。
3.5mmの保温・伸縮性に富んだジャージ素材を使用し、首の周りの伸縮率はなんと600%。
着脱も従来のノンジップタイプのウエットと変わらないし、ジップを閉める必要がないのが便利です。
そしてシルエットもインナーを着ることを前提にしているので通常のウエットスーツのようなピッタリフィットではありませんが、かなりタイトなシルエットでデザイン的にも見劣りしなくなりました。
(極寒地用に従来のルーズフィットもあります)

そしてプライスも本体価格は99,750円と10万円を切ってセミドライの上級モデルと同等レベルになったのはうれしいことですし、早期キャンペーンを使えば更にお得に。
と言うのも、先着200着限定ですが、ドライスーツ専用で作られたハイブリッドチタンインナー(29,400円)のプレゼントつきなんです。
Img_0333
これがあったら真冬の寒さも忘れられる・・・かも。

そして私が疑問に思っていたことも少々書いておくと・・・。

水の侵入に関しては、ノンジップながら首周りにインナーフラップも装備して二重に侵入を防ぐため、きちんと採寸していれば問題ないとのこと。
手首もグローブを装着の上、リストバンド(別売り)などで補強するとなお可。
ただし波が大きかったりハードに巻かれたりすると入ってしまうこともありますし、100%入らないと言う保証はしていませんのであしからず・・・とのことでした。

素材に関しては3.5mmのジャージじゃ寒そうって思っていたのですが、水が入らないので体温の低下が少なく、中に専用のインナーを着たり、寒さに応じてトレーナーを着たりすることで寒さの調節ができるそうです。
真冬の東北や北海道でもテスト済みってことで、いったいどこまで暖かいのか・・・楽しみです。

そんな訳で、早速サンプルとして自分用のをオーダーしたのですが、これなら今までフルドライに躊躇していた方でも気に入ってもらえるはず。
現に評判は良くて早速数人からオーダーが入りそうなのですが、ひとりだけ頑にフルドライを拒否する人が・・・。
その理由は
「一度海に入ったら4〜5時間波乗りし続けるのに、その間におしっこできないじゃないですか・・・」
ハイ、まさにその通り。
もうおむつをするしかありませんね。
フルドライはおしっこを我慢できる人に限ります!!

商品・キャンペーンの詳細はZenith Garage をご覧下さい

▶▶▶▶▶SURFER's Blog Ranking Click Here!◀◀◀◀◀



2012flapdry1_2

|

« ZENITH STIX 7'0 クラッシック系ファンボード | トップページ | ウエットスーツはネックインの時代に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ZENITH STIX 7'0 クラッシック系ファンボード | トップページ | ウエットスーツはネックインの時代に »