« ウエットスーツの営業さんと | トップページ | ウエットスーツを安く買うには »

SUPER GTとF1が開幕

モータースポーツを見るのが好きな私にとって、様々なカテゴリーのレースが開幕する3月は待ちに待った時なのです。しかも昨日は国内ツーリングカーの最高峰「SUPER GTシリーズ」と、世界最速のフォーミュラ「F1」の開幕が同じということで、盆と正月が一度に来た〜ァって感じですかね。

ということでまずは「SUPER GTシリーズ」から。
詳しくはこちら(Wikipedia)をご覧いただくとして、このレースの最大の魅力は普段街で見かける乗用車をベースに改造された車が走るということにつきると思うのですが、今年の最大の注目はトップカテゴリー(GT500クラス)にNISSAN GT-Rが登場したということ。このクラスは国内3大メーカーの熾烈な争いが行われていて、昨年のチャンピオンマシンHONDA NSX(5台)とTOYOTA レクサスSC430(6台)に、NISSANは昨年までのフェアレディZからGT-R(5台)にマシンを変更。昔からNISSANファンの私も開幕前から注目していてどの程度の強さを見せるのかがとても楽しみでした。

デビュー戦となる「SUZUKA GT 300km」3月15日土曜日の予選。
結果はなんとNISSAN GT-Rが予選1-2-3位を独占!! なんとも豪快に、そしてファンの期待を裏切らないその早さに驚くとともに、翌日の決勝に向けても更に大きな期待感が出てきてしまったのでした。

そして決勝。
3位スタートの「#12 カルソニックIMPUL GT-R」がスタート直後に後方からぶつけられコースアウト。修理に時間がかかり戦列から離脱する波乱があったものの、1、2位でスタートした日産ワークスの2台「#22 MOTUL AUTECH GT-R」と「#23 XANAVI NISMO GT-R」は他車を全く寄せ付けずに快調な周回を重ね20周を過ぎた頃に相次いでピットイン。ドライバーが変わって再スタートをするとさらに後続を引き離し、そのままゴール。3位に24秒の差をつけての圧倒的な強さを見せつけた結果となったのでした。

これぞまさしくGT-Rの復活にふさわしい強さだったのですが、2戦目以降は上位の車にウエイトを乗せるハンディキャップレースになるので、どんな展開になるのか。特に今回スタート直後にアクシデントに見舞われたものの、レース中にファステストラップを記録した「#12 カルソニックIMPUL GT-R」は次戦のウエイトハンデがないので、その速さに期待です。

なおレースの詳細やムービー・テレビ放映スケジュールなどはオフィシャルサイト「SUPER GT .NET」からどうぞ。

そしてF1ですが、こちらはオーストラリアでシーズンが開幕しました。
F1についても詳細はこちら(Wikipedia)をごらんいただくとして、簡単に言うと1人乗りのフォーミュラーカーで行われる世界選手権で、世界で最も華やかで最速と言われています。日本からはHONDAとTOYOTAが参戦していて、他にフェラーリやメルセデス、BMWなどが参戦しています。今回の注目は、資金難で出場が危ぶまれている鈴木亜久里氏が率いるチーム「SUPER AGURI」が出場できるのか。日本人初のレギュラー参戦F1ドライバー「中嶋悟」氏の息子「中嶋一貴」がウィリアムズより参戦しどれだけ通用するのか。他にも開幕だけあってとても話題の多いレースとなりました。

そして事故や故障が相次ぎ、完走扱いは22台中8台にとどまった決勝。
「SUPER AGURI」はイギリスの企業とパートナーシップを結び資金難も解決して無事にスタートラインについたものの、デビットソンはクラッシュ、佐藤琢磨はマシントラブルでともにリタイア。
TOYOTAは全滅、HONDAもバリチェロがゴールしたもののルール違反で失格となり全滅と日本勢には厳しい開幕となりましたね。
優勝はポールポジションスタートのルイス・ハミルトン(マクラーレン)。以下ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)、ニコ・ロズベルグ(ウイリアムズ)がトップ3。昨年のチャンピオンマシン・フェラーリは予選からいいところがなく、決勝でもマッサは2回のクラッシュ、王者ライコネンもマシントラブルで15位スタートで追い上げたものの、コースオフやスピンなど精彩を欠き、最後はマシントラブルでストップしてしまいました。でも規定周回を走っていて完走が少なかったためポイントはとれたのが救いですね。

そんな訳で今年のF1は波乱だらけで嵐のようなスタートになりましたが、「中嶋一貴」が6位入賞と好発進しましたし、TOYOTAは結構速かったので今後に期待が出来そうな感じです。昨年の2強と言われましたが、中堅チームの状態が良さそうなので、日本勢の活躍とともに楽しみたいと思います。

さてそんなモータースポーツ。私はそのほとんどをスカパー!で観戦していますのでちょっとご紹介。

年間30戦以上、オーバルコースを走る全米ナンバー1の箱形のレース「NASCAR」
アメリカのトップフォーミュラーで武藤英紀が参戦する「インディカーシリーズ」
BMW、シボレー、アルファロメオなどツーリングカーの「世界ツーリングカー選手権」
メルセデスとアウディーがヨーロッパを舞台に激しく争う「DTM」
世界の一般路を駆け抜け、北海道でも開催される「WRC/世界ラリー選手権」
F1への登竜門と言われるフォーミュラーレース「GP2」
日本のトップフォーミュラーレース「フォーミュラ・ニッポン」
市販車を改造した車両で24時間レースもある日本の「スーパー耐久シリーズ」
他にも世界を転戦しているバイクの「Moto GP」「スーパーバイク」など・・・。

今年はモータースポーツネタも書いていこうと思いますので、これをきっかけにモータースポーツにも興味を持っていただけたらうれしいですね。
興味のない方も・・・スキップしないでくださいませ・・・coldsweats01

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ◆モータースポーツ情報もブログをチェック!!

|

« ウエットスーツの営業さんと | トップページ | ウエットスーツを安く買うには »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179797/40534501

この記事へのトラックバック一覧です: SUPER GTとF1が開幕:

« ウエットスーツの営業さんと | トップページ | ウエットスーツを安く買うには »