« 12時間のロングドライブ | トップページ | カブトガニ »

神社巡り

岡山初日の夜は、嫁さんのお母さん・おばあちゃん・弟と一緒に近所の焼き肉屋でビールで乾杯。この焼き肉屋さん、お肉屋さんが経営している和牛の専門店なんです。神戸の☆☆☆☆牛を使用していて、霜降り厚切りの肉が並びます。
これがメチャ旨!!
やわらかいし臭みはないし、厚切りでも箸で軽く切れるほど。口に入れればとろけるようにおいしさが広がっていきます。それでいて価格もお値打ち。うまい肉とビールで楽しい夜となりました。

0709151少し遅く起きた2日目の土曜日。お母さんと3人でまずは「最上稲荷」に向かいます。ここは京都の伏見・愛知の豊川と並ぶ、日本三大稲荷のひとつで、商売の神様として信仰されおり、岡山に来た時は必ず参拝に行く場所です。2年前に訪れた時はおみくじで「凶」がでてしまい、実際その年はいいことがなかったので今回はリベンジ。その結果は・・・「吉」がでてくれたので一歩前進。商売繁盛のお札を購入してきたのでした。

0709152次に訪れたのは「吉備津彦神社」。みなさんご存知の童話「桃太郎」の物語発祥の地と言われており、そのベースとなった「温羅伝説」という鬼退治の物語の主人公がこの吉備津彦命と言われています。物語の詳細はここでは書きませんが、「温羅伝説」から桃太郎への物語の進化は、なんとなく納得できる歴史的背景を感じてしまいました。

最後に「吉備津彦神社」のすぐちかくにある「吉備津神社」へ。名前が一文字違うだけのこの神社で有名なのが釜鳴神事(カマナリシンジ)。 先ほどの「温羅伝説」で吉備津彦命は鬼=温羅の首をはねたが、その首を地中深く埋めてもなお不気味にうなり声を発し続けたためその上に御釜殿を設けて祀るとようやくうなり声はおさまり、その後は釜を鳴らす音の大きさで吉凶を占う霊となったという話。現在でもその釜は日中焚き続けられていて神事も行われているようです。そんな訳でこれらの神社の周りには桃太郎にまつわる土産物も多く、歴史物語を身近に感じられる場所でした。

今日の岡山は36℃を超えて、蒸し蒸しとした真夏日。海に入りたいけど瀬戸内の海に波はなし・・・。ビールでクールダウンするしかなさそうです。

PS...うちに泊まって猫達の面倒を見てくれている73嬢、ありがとうね!!

◆ランキングに参加中、覗いてみて!!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

|

« 12時間のロングドライブ | トップページ | カブトガニ »

コメント

どういたしまして(^^)
このコメント見る頃には帰宅後ですね?
私の帰宅後、ニャンコが暴れていないといいのですが・・・

投稿: 73 | 2007年9月18日 (火) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179797/16456430

この記事へのトラックバック一覧です: 神社巡り:

« 12時間のロングドライブ | トップページ | カブトガニ »